FC2ブログ

畑の作物に感謝する季節

今日は広尾町農協が主催で、広尾町農業のPRと農協事業利用の拡大を目的とした「JAひろお感謝祭」がありました。

私は青年部役員の代表として着ぐるみの「元気くん」を着てたくさんの子供たちと戯れました。
広尾市街は小雨だったので着ぐるみを着ても暑くはなかったのですが、腰がキツかったです。
元気くんの中身がパパだと知らず、4人で記念写真をパシャッ。

1443245986638.jpg

うちの子の隣にいる男の子たちも双子です。学年は一つ上です。
しかもうちの子の一つ下にも双子の女の子がいます。
広尾の酪農家には3組の双子がいます。スゴイです。
3組のパパは3人とも青年部の役員です。

1443245992087_20150927091317fb9.jpg

感謝祭では地元農畜産物の販売、自動車展示会、縁日コーナー、餅まき、ビンゴゲームなどの催し物があり、下の写真は豊栄会のみなさんによる人形劇「子牛のちっちゃな大冒険」です。とても完成度が高く私も見入ってしまいました。

1443245995038.jpg


午後からはデントコーン(飼料用のトウモロコシ)の収穫が始まり、タワーサイロに詰め込んでいます。
このご時世でタワーサイロを使っている牧場はほんとに少ないですが、あと10年は頑張ります。

DSC_0049.jpg

ダンプボックスに刻んだデントコーンを開けて、丸い形のブロワーでタワーサイロの上部まで吹き上げて詰め込みます。

DSC_0053.jpg
スポンサーサイト

ダブルハッピーバースデー!

我が家の愛猫(♂)“ココア”
今日はココアと妻のお母さんのW誕生日です。

13年前に妻が牧場へ診療に行った際、農家さんから母猫が難産みたいだから、親だけでも助けて欲しいと依頼され、帝王切開によってココアは誕生しました。

その後、農家さんから“沢山猫いるから、このボーっとした通称“ボケ”をもらってと懇願され、当初の予定ではない猫が妻のところへやってきました。
それがココアです。

農家さんが言っていた通りかなりおっとりというかトロくて、虫をつかまえるどころか逃げる始末。たまに見るトイレダッシュ以外は俊敏な動きはせず、1日中寝ています。ダイエットフードを与えてもとにかく動かないので体重は全く減りません(笑)。

子どもたちが生まれてからはほど良い距離で子どもたちを見守り、子どもたちの遊び相手としてしっぽを引っ張られても耐えてくれていました。

そんなココアも13歳になり以前にも増して寝てばかりですが、いてくれるだけで癒されるのでどうかこれからも元気でいて欲しいです。


DSC_0036.jpg

ウサギも飼っています。名前はウッディー(♀)です。

DSC_0035.jpg

シルバーウィーク最後の収穫祭

連日の晴天のおかげで、新播(今年播種した一年目の草地)の2番草をラップにしました。

気温が十分ではないのと雑草が多いことから、さすがに乾草にはできませんでしたが、嗜好性と採食性の良さそうなものが29個収穫できました。

酪農家の最も注力すべき仕事として良質な発酵物を調製・給与することだと私は考えています。

なので他の酪農家はあまりラップに添加剤を使用しませんが、今回はEM活性液を50倍に希釈して添加しました。

良質な発酵のラップができると信じています。


DSC_0031_20150924140115fbd.jpg


乗り物が大好きな子供たちもババが運転するタイヤショベルから応援です。

しかし、ゆらゆら揺られて寝てしまいました。

10月下旬ごろに3番草もラップにする予定なので、来年の長物はバッチリです。

シルバーウィークは2番草の収穫祭で幕を閉じました。



DSC_0030.jpg

シルバーウィークの思い出

9月21日はお隣大樹町であった柏林公園まつりに行ってきました。

ゲストはなんとあの山本譲二。
遠くからでしたけど大物のオーラをものすごく感じました。

撮影禁止なので投稿するのは止めときます。
中央にいるのは司会者です。


DSC_0007_convert_20150921210520.jpg

しかし、私たちのメインはやっぱりこれ。

ふわふわドーム。

けれど大きいお兄さんお姉さんもいたのでうまく遊べませんでした。

DSC_0009_convert_20150921210920.jpg

その代わりに、シュー(滑り台)は何回も滑って楽しんでました。

DSC_0006.jpg


翌22日は、広尾市街にある中華料理店王府(ワンフー)でランチ。

先日ハナタレナックスという番組で大泉洋が訪れたので、私たちも久しぶりに行ってきました。

マスターも双子だそうです。

DSC_0025_convert_20150921214426.jpg

ちょうどこの日は十勝神社秋季祭典があり、神輿行列が行われてました。

DSC_0024_convert_20150921212506.jpg

十勝神社の公園で再びシュー(滑り台)で楽しみました。

シューとピョンピョン(ふわふわドーム)がほんと好きなようです。

日本ハムファイターズの大谷翔平選手の大好物がクレープだとテレビで知り、その影響を受け連日私たちもクレープを食べました。

天気が良くていいお出かけになりました。

DSC_0027.jpg

人を良く育てる、人を良くするよう育む

「食」という漢字を分解してみたことありますか?
「人」に「良い」というふうに見えますよね。
人に良いものが「食」で、人を良くすることができるのも「食」なのです。
これがまさに食育です。

本日広尾小学校の低学年を対象としたJAひろお青年部の食育活動がありました。5月27日にイモ(メークイン)とトウモロコシ(ピュアホワイト)の種をまいています。

イモは思った以上に沢山採れ、児童とお母さん方が買い物袋にいっぱいに入れ喜んでいました。
雨が本降りになる前に終わってよかったです。


DSCF9619_convert_20150918195417.jpg


牛乳と生クリームをカップに入れて激しくシェイクするとバターができます。
小学校低学年だと結構シェイクするのに苦戦してました。
そのバターを茹でたイモにつけて食べました。


DSCF9623_convert_20150918195528.jpg

みんなイモをおかわりして大好評でした。

DSCF9624_convert_20150918195630.jpg


農産物がこのように春に種をまいて、夏に草を取り土寄せして、秋に収穫してやっとスーパーに並べられることの一連の流れを児童のみんなは学習してくれたと実感しています。

食育は「人を良く育てる・人を良くするよう育む」
食事は「人に良いこと・人をよくすること」

子供の頃から身体に良い食べ物を食べ、豊かな心を身につけてほしいです。

かっこいい妻

3月全国大会で発表して農林水産大臣賞を頂いた“鈴木Victry”を妻が素晴らしい内容だから、もっと多くの人に広めたいという思いから、獣医学的にまとめ直して獣医学術北海道地区学会プログラムという学会で発表してくれました。

まとめる人が違うだけでこんなに見せ方や表現が変化するんだなと感心しました。

まとめる段階で妻は発表に関わることをとことん勉強して毎日鈴木牧場の取り組みを理解し広げようと努力していました。
妻の発表にとても感謝しています。


9月11日12日 酪農学園大学で開催。

1442026966414_convert_20150913201254.jpg

読みずらいですが、抄録載せときます。

DSC_9641.jpg


私はというと、11日は宿泊先である新さっぽろ駅に併設されているファンタジーキッズリゾートで、ふわふわ遊具など小さい子供たちが遊ぶ大型室内施設で遊んでいました。

施設内は広くなんといっても遊具の種類がハンパない!
子供たちはおおはしゃぎ。
ふわふわ遊具の滑り台で何回も何回も滑っていました。
あまりにもはしゃいでいたのでスタッフのお姉さんが大丈夫かなと心配顔でした。

私も童心に帰って子供たちとふわふわで遊びました。

しかも2階もあり大きいプラレール、落書きエリア、トイ広場など子供たちは大興奮。特に電車や飛行機の玩具に夢中で「ぶーぶーっ、うぃーん」ってかわいい一面が最高でした。

夕方プラン3人で3000円でこれだけ遊べれば大満足!!
親子で非日常的な楽しさを思いっきり楽しみました。


DSC_9619_convert_20150912195848.jpg


DSC_9614_convert_20150912195740.jpg


DSC_9622_convert_20150912195939.jpg


12日はサンピアザ水族館へ。

昨日のふわふわ遊具ほどはしゃがないかなと思ったら、大うけ(笑)
館内を走り回り、子供たちの声が響き渡っていました。
それとカニとエビは認識したようです。

札幌に行くときは札幌駅周辺でショッピングですが、人ごみが多く、新さっぽろ駅周辺で十分に楽しめることがわかりました。

北広島のアウトレットパークやコストコも近いので次回も新さっぽろ駅周辺に泊まりたいと思います。



DSC_9633_convert_20150912200034.jpg

手作りバンカーサイロ完成!

7月から家族総出で作ったバンカーサイロが今日完成しました。
昨日は最後の生コンを引きました。


DSC_9592_convert_20150909124618.jpg


今までは家族だけで行っていましたが、さすがに今回はみんなの年齢的にも体力的にもキツイということで左官屋さん3名に来てもらいました。
プロはやっぱり均すのがうまいし早い。


DSC_9595_convert_20150909124710.jpg


早速子供たちのサーキット場に早変わり。
このバンカーは夏用で他のものよりも幅が60cm狭く作ってます。
手作りだと大変ですが費用が半分くらいで済むし何よりも愛着がわきます。

今月末にはここにデントコーンが入る予定なので楽しみです。


DSC_9596_convert_20150909124905.jpg


バンカーといえば2週間前に2番草を切り込んだものを少なめに積みました。
いつもは雪印の乳酸菌を添加又は無添加でしたが、今回はEM菌(琉球大学の比嘉教授が開発した有用微生物群)で作ったEM活性液を糖蜜と合わせて添加しました。

EM(有用微生物群)とは?

EMマニュアル酪農編はこちら

タイヤショベルで踏んでいるときにほんのり甘いにおいがしました。
EM菌は培養し増やして使うので安価だし、パフォーマンスもなかなかです。
抗酸化力があり品質向上、変敗防止に効果があります。
EMを使いこなすと酪農サイクルに幅広く貢献できるようです。
私はまずサイレージから始めてみます。

ヤマカワプログラム本格始動!

1441536612565_convert_20150906195722.jpg


ついに光合成細菌と土のスープを草地にまいてみました。
考案者の山川氏によると10~14日で排水が悪い畑の原因である耕盤層が柔らかくなったり、歩いた時の土の柔らかさが実感できるなどの効果があらわれるとのこと。草地を歩いたりトラバーピンを刺したりするのが楽しみです。

草地1町につき水1tでそこに光合成細菌と土のスープをそれぞれ3000倍になるように入れました。
タンクには布袋に入れたスーパーシェル光を浸して相乗効果を狙います。

けん引式のスプレーヤーは今回運転するのが初めてなので最初は父さんに教えてもらいました。
昔はイヤイヤで作業機の運転を教えてもらってましたが、やりたいことを教えてもらう時は上達が速いこと。

広尾の冬の訪れは遅いので、念のため3番草とデントコーンの収穫後にも光合成細菌と土のスープをまく予定です。


DSC_9584_convert_20150906195903.jpg


お昼頃、予定より早く雲域が怪しく、急いで草を集めましたが、完全にアウト。
雨当たりのラップが出来上がりました。
今年の2番草は天気との相性が悪い。
2週間前も雨にあたった。
3番草と新ぱんの2番に期待です。


1441536518921_convert_20150906195640.jpg


牛も慣れたもんです。
ちゃりんこ暴走族が走ってもリラックスモード。
私も小さいころは同じことをやっていたようです。
プロフィール

suzukidairyfarm

Author:suzukidairyfarm
私の経験・個性・才能を活かし、安全で美味しい持続可能な農畜産物を生産するために土・草・牛づくりの循環農法に力を注いでいます。
牛を健康に飼い鈴木牧場の経営の成長をブログで発信します。
質問等あればお気軽にメールください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アクセス数
このブログ内の画像
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Powered by 複眼RSS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR