FC2ブログ

デイリーマンの取材

先日、酪農専門雑誌デイリーマンの取材が入りました。

DSC_0647.jpg

DSC_0640.jpg

鈴木牧場のことは昨年農林水産大臣賞を受賞したと
全国農業新聞で知ったようです。
デイリーマンの“らくのう一家の生活”というページで
3月号に掲載される予定です。
楽しみです。

DSC_0644.jpg

鈴木牧場一番の長老467番の生涯乳量がわかりました。
10産目の泌乳期間を終えて、93,403kg となりました。
11産目で10万kg突破は間違いなしでしょう。

牛群の模範としてもっともっと頑張ってもらいたいです。


スポンサーサイト

至福の経験

1月23日~26日に妻の実家がある茨城県に帰省してました。

23日は、私が自己啓発を勉強して一番影響を受けている井口晃さんの
日本最大級の2,000人セミナーに参加させて頂きました。

1453617602125.jpg

セミナーのテーマでもあるカルマとは、肉体的、人間関係、ビジネス、
影響力、精神性の向上を目的として、毎日の習慣であったり、食事法、
環境改善を取り入れる考え方です。
私はカルマアップを目指し、よりエネルギーを高め、夢や目標を達成していきます!

休憩時間や懇親会では、沢山の起業家、経営者、インターネットビジネス、
意識の高い人たちと話をしてエネルギーをもらい、素晴らしい経験が出来ました。
心強いコネクションができたので、私の頭の中で農業×インターネット
ビジネスのイメージや方向性が強くみえてきました。
更にカルマアップして、ハイパフォーマーを目指します!

DSC_0541.jpg

懇親会後、渋谷を歩いていたら偶然箱根駅伝を制覇した青学を発見。
記念に写真をパシャリ!!

24日は成田山新勝寺へ。

DSC_0549.jpg

この日は、初天神祭礼御逮夜という行事があったせいか人、人、人!!
北海道で生まれ育った私には人の洪水のようでした。
それはそのはず、初詣の参拝者数が日本トップ3に入るほどですから。
参拝しただけで、運気が上昇した感じがします。

午後は千葉県印西市にあるアウトレットモールBIGHOPへ。

DSC_0562.jpg

DSC_0565.jpg

DSC_0585.jpg

ほんと好きだねぇ~と言われるけど、新さっぽろにもある
ファンタジーキッズリゾートがここにもあると知っていた
ので思う存分遊びました。

茨城のジジとババも子供たちと遊んでとても楽しかったと思います。

25日はお台場に移動し、以前泊まったことのあるホテルに泊まりました。
お台場なので、ショッピングしたり、みたりするところが沢山あるので
気に入っています。

DSC_0614.jpg

子供たちがもう少し大きくなったら、科学館などもあるので
そういうところにも行きたいです。

DSC_0631.jpg

部屋から見える夜景。
レインボーブリッジが輝いています。
至福の時でした。

DSC_0633.jpg

DSC_0636.jpg

朝焼けの写真。
朝食の会場からは富士山がみれました。
ご利益がありそうです。

今回の旅行でとても英気を養うことができました。
これからの仕事に力がますます入りそうです。


お年玉価格と数字!

吹雪が収まり、除雪も一段落しました。

DSC_0495.jpg

吹き溜まりがひどかった子牛のハッチ周辺では、子牛がうるうる目でした。


やっぱり粗飼料の質が大事なんだなと感じたことをお伝えします。
デントコーンサイレージをバンカーサイロ(添加剤なし)から
タワーサイロ(活性BS;黒糖)に変えた途端、体細胞が今まで
10万前後だったのが5万台に減少しました。

DSC_0513_20160120210223a58.jpg

搾乳方法や牛床環境は何も変えていないのに。
サイレージの質の重要性が実感できました。


今日は乳牛市場があり、初妊牛として2頭出品しました。

DSC_0497.jpg

DSC_0512.jpg

そしたら販売価格がなんとまぁ~ありがたいお年玉価格になりました。
個体販売が強みの鈴木牧場にとって嬉しい出来事でした。

吹雪の中、牛洗いした甲斐がありました。
よかった。よかった。


ヤマカワプログラムと仲間の輪

今日は大雪&吹雪です。
ここ1ヵ月晴天で平和だなと思っていたら、やっぱりドカンときました。

終日雪です。
おそらく1メートルくらい雪が積もるでしょう。( ノД`)

DSC_0492.jpg

DSC_0493.jpg


17日、ヤマカワプログラム(以下、山P)の実践報告会があり、
初めて出席してきました。

予想をはるかに超える参加者でびっくりしました。
山Pのパワーを肌で感じました。

DSC_0484.jpg

DSC_0481.jpg

実践者の先輩方の成果は、収量が上がった、味が良くなった、
病気に強くなった、畑作業がラクになったなどの嬉しい結果が
確実に出ているようです。

昨年、鈴木牧場の土壌の硬盤層が柔らかくなり、団粒構造が
進み新根の伸長をこの目で確認しました。

山川さんと一緒に土の様子をみているところ↓↓
http://suzukidairyfarm.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

2016年はこの状況で牧草がどのように生育するか、発酵品質はどうなるか、
牛の嗜好性と採食性はどう変化するかとっても興味深いです。
いや、ワクワクします。
違う違う。ワックワクします(笑)

山Pで土づくりを進めていくうえで大切なことは、微生物の“多様性”と
自然との“調和”がポイントだと学びました。
先輩方はおそらくこれらがわかっているからこそ結果がでているのでしょう。

参加者の中で、東京の千○屋で使われているりんごの生産者である
青森県のリンゴ農園の方とお話ができてすごくパワーをもらえて、
山Pの凄さを体感しました。

DSC_0487.jpg

一番の驚きと収穫になったことは、若い青年がとてもやる気があって
元気だったということです。
土に対してもそうだし、いいものおいしいものを生産するぞっという
意識が高かったです。

しかも十勝の同世代も情熱を持っていて仲良くこれからもいい付き合いが
できそうでとても嬉しかったです。

土がおもしろいし、微生物がかなりおもしろいです。


白銀の世界

今日は天気が良かったので、幕別町忠類にある白銀台スキー場にそり滑りしに行きました。

が、子供たちはまったく面白がってなくて、20分くらいで断念しました。汗
車内で寝ていて、起きてすぐだったし、外が寒かったせいでしょう。

DSC_0479.jpg

1452942943474.jpg

スノーボードウェアが見当たらなかったので、私は防寒つなぎです。

1452942955338.jpg

昨日から、妻の元同僚であるAYANOさんが遊びに来てくれていて、子供たちは彼女にべったりです。
子供たちはAYANOさんが大好きです。
この時はきまってパパもママも「いや~、いや~」と嫌われます。(;_;)(;_;)

昨夜は獣医師の女子会をやったようで、獣医トークが炸裂して楽しかったようです。

DSC_0477.jpg

DSC_0476.jpg

ランチはスキー場のロッジで食べました。
みんなでテーブルを囲んで楽しいひと時でした。

今夜、子供たちはぐっすり眠れるでしょう。(* ´ ▽ ` *)



3.5の壁

今日、12時20分頃に地震がありました。
私は外にいましたが、かなり長く揺れてました。
広尾は震度4でした。
何も被害がなくてよかったです。


1月の乳検が終わり、平均産次数が3.5になりました。
この3.5を維持するのが難しい。汗

DSC_0474.jpg

平均産次数については色々と考え方はありますが、私は牛づくりを強化していく中で、上を目指します。
ブログをうまく利用し、自分の考えと行動に責任を持ちたいので、あえて宣言します。

平均産次数を2019年までに3.8を達成します。
2021年までに4産を達成します。
達成したときにはゴージャスなご褒美付き(^-^)v



DSC_0473.jpg

先日、JA青年部広尾線ブロック(かわにし、大正、中札内、更別、忠類、大樹、ひろお)のスポーツ交流会がありました。
他の青年部の役員さんたちとボウリングを通して懇親を深めました。

DSC_0472.jpg

2ゲームして総合スコアは242でした。
大したスコアではありませんが、なんと人生初でストライクを3連発出しました。
とっても気持ちよかったです。

今年中には家族四人でボウリングをプレイしたいです。

長老と牛を健康に飼うということ

鈴木牧場の長老467番が11産に向けてバケーション(乾乳)に入りました。

DSC_0458.jpg

1本盲乳になりましたが、脚腰はまだまだ丈夫です。
私的には13産まで活躍してもらいたいです。
11産目で生涯乳量10万キロ突破します。
高産次牛がいい見本として牛群を引っ張ってくれて嬉しいです。


話は変わって、
久しぶりに私が牛の健康について影響を受けた、わたなべ酪農ゼミナール代表の渡邊徹先生の資料を読みました。

DSC_0457.jpg

渡邊先生からは肝臓の重要性と分娩後のエサ食いをいかに良くするかを学びました。
特に好きな考え方を紹介します。

“本来、酪農はもうかるべき産業であるにもかかわらず、もうけていない酪農家がいかに多いことか。日本各地を見てつくづく思い知らされました。

しかも、その原因を筆者なりに分析したところ、飼料費の高騰など経営の外部要因の悪化が原因というより、周産期病になったり、分娩時の立ち上がりがうまくいかなかったり、また、そのことで受精できなかったり、さらに乳房炎やその他の病気が多発し廃用に追い込まれたりと、つまるところ飼養管理の未熟さにより起こっていることが大半を占めていました。

つまり、酪農家だけでどうしようもない外部要因で経営が悪化しているのではなく、酪農家が自ら改善するだけで解決する内部要因で経営が悪化していたのです。”

(資料より抜粋)

近年は牧場の規模拡大化や多頭化が進んでいます。

これらが悪いとは言いませんが、私が思うに酪農経営を悪化させる誤った常識を改善し、最近の新しい知見も踏まえて正しい知識や技術を身に付け、乳牛を健康に飼い、与えたエサを効率よく乳に変えることができれば、すべての酪農家のみなさんの経営をもうかる経営に変えることができます。

1509690_1529829047299154_5795668270107558114_n_20160110195208e66.jpg
(2015年1月21日、鈴木牧場にて)

ちなみに分娩時に起こる不都合な各種の要因を取り除くには、

① 太らさない
② 血液中のカルシウムの確保
③ ストレスを除く
④ 分娩後に飼料が十分喰い込めるルーメンづくり
⑤ ルーメン内絨毛が長くなるような飼料給与
⑥ ナトリウム、カリウムの給与制限


といったことが必要であると学習し、少しずつ結果が出てきています。


2016年、輝かしい幕開け!

新年あけましておめでとうございます!
今年も素晴らしい一年になりますように。

DSC_0430.jpg

私が住む広尾町の冬は晴天が多く、今年も輝かしい初日の出をみることができました。
今年も良いことがたくさん起きること間違いなし(*^_^*)

2016年も仕事と健康、家族がより成長し、充実した年にします。

経営者である私を中心に鈴木牧場と仕事のことで言えば、昨年の取り組みとチャレンジを通じて、今年は酪農の「ら」がわかって結果を出せる年になると予感しています。
積極的に行動して主体性を発揮します。

もう一つ抱負っぽく言うと、今年は鈴木牧場や私の「ファン」を増やしていきたいです。
人は一人では成長できないし、牧場も一つでは成長できません。

応援してくれる人、支えてくれる人、協力してくれる人の力をかりて、
私は目標とされる存在、インスピレーションを与える人になって、
人に影響されて、人に影響を与えて、そのために『人との出会い、人とのつながり』が必要不可欠です。

色んな人の大きな力を巻き込めば、きっと大きく前進できると思うので今年も土・草・牛づくりに心血を注いでいきます。


DSC_0434.jpg

牧場から見える日高山脈の中でも、ぴょこっと飛び出した楽古岳という三角山に隠れるかのように沈む夕日もとてもきれいでした。
ダイヤモンド楽古!?
かなり縁起がいい元旦でした。


DSC_0445_201601022059011a4.jpg

今日は帯広の北海道ホテルであったニューイヤーランチバイキングに行ってきました。
たまにランチしに行くほど、食事がとっても美味しいホテルです。
HPでランチバイキングを知って、即予約しました。

DSC_0446.jpg

近年は年末年始の雰囲気があまり感じられませんが、正月の外食でランチを食べられて良かったです。
4人ともいっぱい食べて、お腹ぽんぽこちーです。

プロフィール

suzukidairyfarm

Author:suzukidairyfarm
私の経験・個性・才能を活かし、安全で美味しい持続可能な農畜産物を生産するために土・草・牛づくりの循環農法に力を注いでいます。
牛を健康に飼い鈴木牧場の経営の成長をブログで発信します。
質問等あればお気軽にメールください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセス数
このブログ内の画像
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Powered by 複眼RSS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR