FC2ブログ

主体性を生み出す環境づくり

先日家族4人で札幌にいってきました。

DSC_0342.jpg

DSC_0343.jpg

DSC_0352_20160331205305035.jpg


アウトレットパークに行って
お馴染みのファンタジーキッズリゾートで遊んで
普段食べないような豪華中華ディナーコースを頂きました。

DSC_0344.jpg

DSC_0348.jpg

DSC_0349.jpg

宿泊しているホテルの部屋もジュニアスイートですが
札幌郊外なので一人15000円で予約できました。
ラッキーですし自尊心が上がりました。


本題へ移ります。

家業は自営業なので
いつも両親と一緒に仕事をしています。
当然毎日、
同じような会話をして
同じような作業をして
同じような行動をして
同じような言葉を使って
一日が終わります。

快適領域に常に身を置いている状態なので
平穏で平和でいいかもしれませんが
主体的に行動したり思考しない限り
これでは成長だったり
ステップアップは期待でせません。

私は日々の生活から異なった新しい空間に行ったり
身を置くように意識しています。

行事、イベント、旅行など
新しい環境に行けばいつもとも異なる思考になります。

時には業界の超一流の人に会ったり
億万長者だったり
考えがぶっ飛んでいる人と話をするようにしています。

そうすることで
本業の酪農を同業者とは異なった視点から
俯瞰してみてみたり
アプローチが変わったりと
目標や目的も大きく変化します。

そのおかげでH27年度の我が家の
牛たちの調子や健康はどんどん良くなっています。

ほんと今までにない人との繋がりや
経験によって成し遂げることができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

この気持ちを形にしたり結果を出すことが 一番の恩返し、
社会貢献だと思います。

明日からの新年度は
子供たちが保育所に入所したり
(後日ネタを投稿します)
仕事だと逆算思考で
4月からたくさん挑戦したいことがあり
変化がたくさんありそうな新年度になりそうです。

新しく質の高い人との出会いによって
私には不快的な領域ですけど
新しい環境を作ることによって
信じられないほどの変化や結果がありそうな新年度が予想されます。
もちろんわくわくドキドキで楽しみです。

DSC_0376.jpg

DSC_0386.jpg

肉体的、精神的な健康をベースに
何事も
「どうやったらできるか?」 を考えて
心躍るファンタジーな新年度を味わってみたいと思います。

どんどん価値を提供していきますので
お楽しみに(^-^)v


スポンサーサイト

息子よ大志を抱け!

今回行った旅行のテーマは
“プレイ&ライド札幌スイート”です。

16-03-27-14-10-40-446_deco.jpg


子供たちは初めて地下鉄に乗り、
ファンタジーキッズリゾートに2日間とも行ってきました。
男3匹、汗をかきながらはしゃいできました。

DSC_0364.jpg

DSC_0375.jpg

DSC_0359.jpg

DSC_0374.jpg


    
早いもので来月から双子の子供たちが保育所に通い始めます。

自営業なのでいつ上がっても家に子供たちがいて
私を迎えてくれます。

「パパーっ!」って笑顔の時もあれば
泣いているときもあります。
     
2歳くらいまでは家にいても
ずーっと泣いていました。

二人同時に泣いているときはあまりありませんが、
一人が大抵泣いています。
   
妻が語る部分ですが、
2歳まで夜泣きが酷かったです。

最近やっと朝までぐっすり寝てくれるようになりました。

以前の妻の睡眠時間は毎日数時間です。
私は防音のヘッドホンをして寝ていました。
     
仕事を終えて、家で一息つきたくても
泣いている方の対応をしたり
寝かしつけをすると休憩する時間はまったくありません。
      
その代り、動きながら休憩する技を体得しました。

まったく体を動かさなかったり、
気持ちを落ち着かせる=休憩ではなく、

価値ある行動にエネルギーをフォーカスして
わくわくしながら仕事をしたり、好きなことをすれば

休みの日や時間がなくても
ハッピーな時間を過ごすことができ
体も心もリラックスできます。
     
とうとう、いつも家に子供がいるという日は今月で終わりです。

平日は保育所にいるのでママは楽になるでしょう。

これからは朝と夜、そして週末しか子供たちと
時間を過ごす日はありません。

ましてや、この生活も中学までです。

高校以降は目標や目的を持って
親元を離れることになるでしょう。
あと10年くらいしか一緒に過ごすことができません。
      
写真のように家族四人で旅行したり
出かけたり何回出来るでしょうか。
親も成長しなければいけないですね。

16-03-27-14-08-56-468_deco.jpg 
   
子供が立派な大人になり自立できるように
色々なことを体験・経験させて
自分の力で自分の人生を切り開いていってほしいです。

そのために私たち親がもっと学び、
チャンスと可能性を示していきます。

いつになっても家族の時間を大切にしていきたいと思います。
“家族”は社会の最小単位です。

最後に
北海道神宮にも行ってきました。
ありがたいことに“大吉”でした。

2016年いい年になりそうです。

DSC_0381.jpg

DSC_0402.jpg

16-03-27-14-09-56-713_deco.jpg

DSC_0403.jpg

DSC_0417_20160328213741e8c.jpg

21世紀のジャパニーズ・マハトマ・ガンジー

先日、とかちの食と農の将来を考える
グループの総会がありました。

DSC_0293.jpg

DSC_0296.jpg

DSC_0295.jpg

私は懇親会から参加して
そこで食べた十勝産の食材で作られた
美味しい料理に今でも感動感激しています。


では、本題へ
海から直線距離で2キロ程のところに私は住んでいます。

小学生・中学生のころ、
一番海に近い人=鈴木くん
という代名詞がありステータスの一部でした。

弟と自転車に乗って一緒によく海に行ったものです。
    
が、20代になって牧場に戻り
酪農をしていると
海が近いことがなんて酪農に不利なんだと感じていました。
     
なぜかというと
濃霧が発生し、気温が上がらず
日照時間も少ないので
牛が食べる牧草の生育が遅いし収量も少ないのです。

c94288c9ec9bb13311d80ae9d8db6e2b.jpg

内陸が晴れて25度あったとしても
牧場に戻ると霧がかかっていて気温は15度と
ま、こんな感じです。

138692592288595023225_DSC00559.jpg

夏場、海が時化ているとき
夜、窓を開けて寝ようとすると
波の「ゴー!ゴー!」と
唸るような音のせいで寝れません。

気温が低いはずなのに
海風の影響で湿気が多くて
肌がベトベトします。

牧場の敷地内はコケが大量に生えています。
     
      
ところが
わが広尾町の将来を考える
ひろおフォーラムのプロジェクトでもありがしたが
「当たり前を価値に変える」
ということをずっと考えていたら
ありがとうございます。

閃きました y(^ー^)yピース!
牛とミネラルについて今でも勉強しているのですが、
海水から海塩を作って牛に与えたら
果たして舐めるだろうかと。

DSC_0221.jpg
   
酪農家は牛に鉱塩を与えます。
鉱塩は食塩を主体としたミネラルを含ませ固形化したものです。
しかし所詮、ザNaClです。

ミネラルも無機ミネラルです。
天然の海水を牛に与えたら果たして飲むのだろうか?

早速、海水を40リットル汲みに行って
5頭いる牛のグループに海水を置いたら
見事に数時間で飲んでしまいました。
    
海水は取り扱いが難しいので
次は薪ストーブの上で海水を蒸発させました。

DSC_0278.jpg

DSC_0279.jpg

120リットル汲んできて
約3.5キロの海塩がとれました。

DSC_0288.jpg

DSC_0291.jpg

これを牛に与えると結構舐めてくれます。

与えて3日経ちますが、もう無くなりそうです。
天然のミネラルですから
今後の牛のコンディション、生産効率など
どう数字が変化するか楽しみです。
   
ここ10年、海の近くに住んでいることが不利だと感じていましたが
当たり前にあったものがこのように価値に変わった瞬間で
とっても嬉しかったです。

「当たり前を価値に変える」
いつも当たり前だと思っているもの、ことが
もしかしたらものすごい可能性を秘めているかもしれません。
地方、田舎の再生に何か希望が持てる閃きでした。
    
循環農法を進めていくうえで
「海の近くで酪農をしている」ということが
私にとって新たな強みになりそうです。
     
「あなたがこの世で見たいと願う変化に、
 あなた自身がなりなさい」
           マハトマ・ガンジー


握手を求められた YouTube動画 第二弾

今回は一番簡単に取り組める健康法についてお伝えします。

まず健康は最低限持つものではありません。
健康が上がれば全部のものが上がります。

3197_0_01.jpg

エネルギーが高まる
住んでいる環境が良くなる
人間関係が良くなる
年収が上がり仕事もどんどんうまくいく
感情がハッピーになる
どれも相互関係があります。

健康が崩れると
何にも出来なくなってしまいますので
是非私からの動画を見て
あなたの生活に取り入れてください。


      
最初の動画では沢山の方からコメントや感想をいただきました。
今回もたくさんのコメントをお待ちしています。

それでは価値ある行動にエネルギーをフォーカスして
あなたの夢を生きてください。
      
動画第一弾
【私がYouTubeデビューした映像を見て下さい】
こちらから ↓↓





ストレスのない鶏の美味しいタンパク質

今進めている循環農法(土・草・牛づくり)の中に
鶏を入れたかったので、
昨日、帯広市のくさなぎ農園に行って
養鶏の現場をみてきました。

DSC_0229.jpg

太陽の光を浴びて元気よく走り回わり
発酵飼料で作ったエサを食べて育った平飼いの卵の
飼育方法や施設をみたくて
ネットで探したら、くさなぎ農園さんに行き着きました。

DSC_0234.jpg
    
実際に
どういうエサを与えているのか?
どういう小屋で鶏が生活しているのか?
天敵対策はどうしているのか?
などを見て肌で感じてきました。

DSC_0233.jpg

我が家で導入するときは鶏数匹から始めますが、
循環農法を進めていく中での微生物を使った農法の応用
私の子供たちの食育としてちょうどいいサイズであることなど

今後たくさんの感動とドラマが待っていると思います。
鶏を飼って、世話をして、
最強のタンパク源を摂る仕組みを作っていきます。
     
我が家は酪農ですので
牛乳と卵の組み合わせの相性がいいので
色々な面で可能性が広がります。

生活の中に鶏を取り入れてどんどん酪農の可能性を広げていきたいです。
     
最近特に平飼い卵に注目している理由は
ベストセラーである

DSC_0251.jpg

「シリコンバレー式 最強の食事」の
タンパク質の所で平飼い卵は最高のタンパク質として紹介されています。
現代の日本人は明らかにタンパク質不足だそうです。
タンパク質は筋肉の材料になります。

DSC_0249_201603092050214cd.jpg

よってタンパク質が不足して筋肉も低下します。
すると
髪が傷んでしまう
代謝が落ちる
肌荒れ、肌のハリが失われる
免疫が低下する
思考力や集中力が衰える
とパフォーマンスと見栄えは望めません。

DSC_0250_20160309205031041.jpg

地球上で最強のアミノ酸のかたまりとして
卵は私たちに恩恵を与えてくれます。

農園にお邪魔する前にランチで食べたラムも
十勝ではよく食べられているのですが、
ラムも最高のタンパク質として紹介されています。

DSC_0222.jpg

DSC_0224.jpg

帰宅して、早速頂いた卵を目玉焼きにして食べてみました。
味付けしなくてもうまみがあり、甘くて美味しかったです。

DSC_0245_20160309204325bca.jpg

卵黄はプリンプリンして生き生きしていました。
まさに“いのち”をいただきました。

DSC_0246.jpg
      
くさなぎさんは一見強面でビビりますが、
非常に優しくて、丁寧な対応をしていただき安心しました。

DSC_0239.jpg

しかも養鶏の本を4冊もお借りしました(笑)
勉強させていただきます。

くさなぎ農園さんのホームページはこちらです。
http://www.t-owls.org/kusanagi/index.html
      
卵1つ42円です。
送料等を支払えば全国発送してくれます。
     
市販の卵と比べると高いですが、
こだわりである国産オリジナル発酵飼料を与え
活力にあふれた平飼い卵はあなたの身体の一部となり
自然とエネルギーが湧いてくる肉体に貢献します。

決して、自分のため、家族のために
高くはないものだと思います。
将来のあなた自身のために投資してみてはいかがでしょうか。

DSC_0241.jpg   
   
筋肉を意識している人、美容に気を配っている人、
トップアスリートも良質なたんぱく質を取り入れています。
是非あなたも最強のタンパク質、アミノ酸である
平飼い卵を食べて
生活の質を向上して頂ければと思います。


29部広尾パーティー

昭和62年、新潟県の山間にある
小さな小学校に3頭の子牛が“入学”。

DSC_0216_201603062046256f3.jpg

牛との共同生活を経験し、
将来獣医師になるというまっすぐ夢を追った
一人の少女のドキュメンタリー映画
「夢は牛のお医者さん」を観て、
夢は思い続けば叶うんだなということに改めて気づきました。
   
では本題へ。
私が尊敬し影響を受けている
ライザップの元取締役のTさん主催で、
肉をこよなく愛する会として発足した
29部パーティーが先日東京六本木でありました。
   
私は出席してませんが、
とっても行きたかったし羨ましかったので、
パーティーと同じ日に地元の高価で美味しい精肉店で
和牛ロースと私が学んでいるハイパフォーマンススタディーの
健康で推奨されている生ラムを買いました。

DSC_0213.jpg

パーティーで放射されているだろうパワーとエネルギーが
自分にも転写されているイメージで肉を自宅で食べました(笑)
   
パーティーには私の知り合いも参加していて
写真を送っていただいたのでシェアします。

12810259_1578299122494482_1660779752_o.jpg

12788645_1578298785827849_226090289_o.jpg

成功者はこういう肉を食べるのか。

12813963_991896284251729_2449433383902210365_n.jpg

会場にはミリオネアや起業家、経営者、志の高い方々が
出席していて、必ず私もこのコミュニティーに参加します。
   
このパーティーを知って、閃きました。
私も地元でやろうと。

ハイパフォーマンススタディーで出てくる牧草牛の肉と
高いシャンパンなどを囲んで、
将来の酪農、農業、地方再生を語り合う
コミュニティーを作りたいと思いました。

牧草牛の驚きの栄養!
   
個人的には具体的に思っているのは
5年後又は10年後自分は
どういう夢や目標を持ち、達成しているか?
どういう酪農経営を実現しているか?
自分たちは地域や業界に何ができているか?
どういう人格になっているか?
そして
そのために今何ができるだろうか?
を話し合い、情報交換、想いと時間の共有をしたいです。

12806107_1002171936514722_5311637603075586426_n.jpg

当たり前だけど、リアルのつながり大切にして
このコミュニティを通じて人生を変えるくらい
素晴らしい集まりにしたいと考えています。

つまり、共に成長できる環境を作り
共に人生をよくしていきたいです。



  

最大の問題=最大のチャンス

鈴木牧場は家畜伝染病を経験し、
牛の健康に全てをフォーカスしてきました。

その結果、土・草・牛づくりに重点を置いて
循環農法を目指しています。
これらのことが酪農雑誌の目に留まり、取材を受けました。

取材を受けて思ったのは、
先代や多くの支えてくれた人の存在が点だと気づき、
今現在、それらがつながって線となって
家族で私たちの明るい未来に向かって
デザインできているんだなあと感じ、
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
    
私は困難や自信がない人生は本当に、ちょっとしたきっかけで
変えることができたしプラスに考えることができました。

人生で困難がもし無くなったら、
「無難」な人生になります。
逆に言えば人生で困難があるから、
「有り難い」人生になります。
    
「牛の健康には人も健康であるべき!」という
自分一人の思考や行動だけではやはり限界がありました。

そういう時は、私は迷わず、
酪農の専門家、普及員、教授だったり、
人生のメンター(師匠)やコーチに
相談してアドバイスを受けてきました。
超一流の酪農家に会いに行って、牧場のエネルギーを感じたり、
話をしたり直接自分の目で見てきました。
      
これらの環境に飛び込んで、
たくさんの仲間がいてくれたからこそ、
困難を乗り越え
新しい鈴木牧場に向かって進み続けています。
     
2016年はなにか大変革の予感がします。
もう、過去の自信が持てない自分とはおさらばです。
もう、過去のあなたとは縁を切って、
新しい一歩を踏み出していきましょう。

安心してください。私も踏み出しています。
一緒に今年2016年を最高の年にするために、
今この瞬間から最高の行動をしていきましょう。

12801163_1692640664351324_6838968093444154000_n.jpg

12800195_1692640707684653_6642017940688026491_n.jpg
    
今回、雑誌に掲載されたページを投稿し、
少しでもあなたのお役にたてれば幸いです。


プロフィール

suzukidairyfarm

Author:suzukidairyfarm
私の経験・個性・才能を活かし、安全で美味しい持続可能な農畜産物を生産するために土・草・牛づくりの循環農法に力を注いでいます。
牛を健康に飼い鈴木牧場の経営の成長をブログで発信します。
質問等あればお気軽にメールください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセス数
このブログ内の画像
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Powered by 複眼RSS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR