FC2ブログ

ニワトリと庭ライフ

元プロサッカー選手の中田英寿さんの
肉体をイメージしながら
バーストトレーニングを行っている
鈴木敏文です。

16-06-21-16-01-55-342_deco.jpg
   
前回、ニワトリを飼う理由として
双子の子供たちに
「見て、触れて、食べて知る」を
動物を通じて体感してほしいので
ニワトリを飼うことにしました。
と投稿しました。

16-06-21-16-03-31-948_deco.jpg
    
実際、
私が「ニワトリさんにいい子、いい子して」と言うと
子供たちは「あたかーい!」と喜んで
触ってくれたのでとっても嬉しかったです。
    
今回は私自身の発展した
ニワトリの向き合い方について
シェアしていきます。
     
大きく3つの特徴があります。
    
■1つ目は
良質なたんぱく質を摂るためです。
    
たんぱく質は漢字で「蛋白質」と書きますが、
この「蛋」という字は、
卵のことを意味しています。
    
私たちの体は約70%が水分で
その次に多いのが「たんぱく質」です。
    
ムキムキの筋肉
プルンプルンなお肌
サラサラの髪の毛は、
常に新陳代謝を繰り返しているので、
材料のたんぱく質が足りていないと、
健康的なものを作ることは不可能なんです。
    
カロリーだけのコンビニ弁当で
健全な肉体が作られないのと同じで
良質なたんぱく質だけが
しなやかな美ボディを作れるのです。
    
■2つ目は
微生物ワールド(循環酪農)を作るためです。
    
微生物たちがふかふかの土をつくり
微生物たちが植物の健全な育成を助け、
農作物の高品質多収に微生物たちが貢献しています。
   
ニワトリには
こだわりの発酵したエサと野菜を与え
落し物であるうんちを肥料にして野菜を作る。
すべてに微生物が深く関与しています。
    
その微生物が作りあげた緑豊かな環境で
のびのび育った
ストレスフリーな
愛情たっぷりのニワトリが産んだ金の卵を
食べることができます。
    
ニワトリサイズで
微生物ワールドを肌で感じたいのです。
    
■3つ目は
牧場のブランディングにチャレンジしたいからです。
    
卵という比較的扱いやすい商品で
こだわりや付加価値を発信し
牧場のブランディングに
どんどんチャレンジしていこうと考えています。
    
正直、どうやって行けばいいかわかりません。
しかし、私の好きな考え方に“やってから考える”があります。
ここでウジウジ、モジモジするのではなく
勇気をもって思い切ってやってみます。
    
どうやったらこだわりのプルルン卵を作ることができるか
どうやったらもっと健康なニワトリを育てることができるか
それを考え行動し、改善していきます。

DSC_0041_201606240807541e8.jpg

健康的なニワトリを飼うことで鈴木牧場の
ブランディングにつなげていきたいです。
   
今回、これらの1、2、3を踏まえて
私はよりよいニワトリを育て
ニワトリライフをエンジョイして行きたいと思います。


スポンサーサイト

3歳から命と食のお勉強

昨日、6月10日は
双子の息子の誕生日でした。
3歳になりました。
タイミング悪く2人とも風邪ひきさんです。

DSC_0765.jpg

ママが飾りつけをしてくれて
リビングはバースデールームになり
華やかになりました。

DSC_0766.jpg
    
料理にも力が入ります。
DSC_0778.jpg

幸せなことに母屋に住んでいる
ジジババ、じいちゃんばあちゃん(曽祖父ちゃん曽祖母ちゃん)
からもバースデープレゼントをたくさんもらいました。

DSC_0799.jpg
    
部屋も砂場もおもちゃだらけです(゚ー゚;A
    
指を3本立てて3歳を表現するのが
とっても難しいようです。

DSC_0770.jpg

たしかに自分でやっても
1から5の中で3が一番難しい。
    
美味しい料理をパクパク食べて
夜遅くまでおもちゃで遊んでいました。
    
子供の成長は本当に早いです。
3歳になったので今まで以上に
食と動物について体感・経験して
ほしいのでニワトリを飼うことにしました。

DSC_0762.jpg

運よく誕生日の日にニワトリが我が家にやってきました。
    
「人に良い」と書いて「食」という字になります。
食とは、「人に良い」「人を良くする」ことです。
    
食育とは、人を良く育てること、良く育むことです。
    
学校で行う
最初の種まきと
最後の収穫のみで
先生や大人が管理する
いいとこどりの
食育ではなく
    
子供たちにはガチで動物と向き合っていただきます。
世話をしたニワトリが産んだたまごを食べて
こころも体も大きく成長する
仕組みを作ることにしました。
     
家業の酪農では牛を飼っているのですが
子供たちには大きすぎるので
ニワトリがぴったりのサイズです。
     
きれいごと抜きで
命の尊さ、温かさ
食の重み、大切さを
肌で感じてほしいです。

DSC_0787.jpg

私自身はもっと発展した方向性で
ニワトリと向き合っていきます。
後日、投稿しますのでお楽しみに(^o^)


人はできると思ったことしかやらない

先週末、東京へ家族四人で行ってきました。

16-05-30-21-27-49-000_deco.jpg
    
今回は私の用事や行きたいところが多く
憧れのバーニーズニューヨークで
値段を見ないで「いい!」と
思った服を買ったり

16-05-30-21-28-10-341_deco.jpg

今話題のコーヒー界の“Apple”と呼ばれている
ブルーボトルコーヒーに行ったりと

かなり妻と子供を振り回してしまいましたが
とても刺激的な時間を過ごすことができました。
    
そしてもう一つ大きな経験として
お台場で同志や起業家の方々が集まる
BBQに参加してきました。

16-05-30-21-30-56-329_deco.jpg
    
今回、投稿では書ききれないような
数多くの経験をしたり
初体験をしてきました。
    
人は経験していないことを経験したり
体験することによって成長できるのです。
   
私の地元で
人が集まり話す内容は
グチ
悪口
ゴシップ
いいわけ
責任転嫁
のオンパレード!!
ある意味、芸術の域を超えています。
    
「今までやったことがないから無理!」
「お金がかかるし、大変だからやめた方がいい!」
「フツーの方がいいよ!」
もううんざりです。
    
私の参加した志の高いBBQのメンバーは
「鈴木くん、絶対にやった方がいいよ!」
「鈴木くんならできるよ。応援してる!」
「鈴木さんのチャレンジ、私の励みになります!」

16-05-30-21-31-32-784_deco.jpg

と地元では味わえない成長意欲のある
コミュニティーがありました。
    
改めて自分の環境がいかに恵まれているのかを
再認識できました。
    
私が住んでいるところは
北海道の端の
そのまた端っこ。
私の職業は3Kが代名詞の農業

16-05-30-21-30-10-835_deco.jpg
    
BBQのメンバーには
終始、勇気と情熱をもらうことができましたし
個々の“うまくいく”“成功”をみんなで盛り上げていく
素晴らしいコミュニティーでした。
     
人は知らなかったり
恐怖に思っていたりすると
何も行動出来ない。
    
でも、失敗してもいいから
行動して
チャレンジするからこそ
“できる”が積み重なっていく。
   
“できる”が自分の内側から
沸々と湧き出せば
失敗や恐怖なんて蹴飛ばして
どんどん行動するし
ガンガンチャレンジできるようになる。
    
だから
“できた!”という経験や体験を増やすことで
人生の深みや味がでてくる。

FB_IMG_1464441189383.jpg
   
なので
私はこれからも不快的な
チャレンジをして
無から有を作り、
形を作って(創って)いきます。
そして、いいもの
本物を世の中に発信していきます。
   
お互いの成長を心から
応援したり共感できる
コミュニティーが人生には必要です。
    
自分はもっともっと成長したくなる
そんな
東京最強トリップでした。

16-05-30-21-28-29-996_deco.jpg
   
BBQに参加されたみなさん
ありがとうございました。


プロフィール

suzukidairyfarm

Author:suzukidairyfarm
私の経験・個性・才能を活かし、安全で美味しい持続可能な農畜産物を生産するために土・草・牛づくりの循環農法に力を注いでいます。
牛を健康に飼い鈴木牧場の経営の成長をブログで発信します。
質問等あればお気軽にメールください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセス数
このブログ内の画像
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Powered by 複眼RSS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR