FC2ブログ

奇想天外な牧場!?

「いやー、この牛舎臭いがしないわ!」
先日、お隣大樹町から酪農家さん、農協職員、農業普及員の方々が視察に来てくれました。

29542417_2072968172985236_662464876258412007_n.jpg

以前の鈴木牧場はデントコーンサイレージ(牛用とうもろこし)や
穀物を多給していたので牛の糞がアンモニア臭でプンプンでした。
   

しかし、
牛の口に入る「水」と「エサ」を変える
経営改善を行なった結果、堆肥のにおいが少なく
粗飼料(エサ)の喰う量が40kgまで上がりお腹がポンポコチーです。
改善を始めてから今月の3月で3年が経ちました。
始めた頃が懐かしく、
ここまで牧場が変化したことにびっくりです。
    
29598134_2072968206318566_3257829652704074829_n.jpg

今回の視察に来てくれた方々も牧場のあらゆる場面で驚いていた様子でした。
とても勉強熱心な方ばかりで終始質問が絶えませんでした。
質問が多いと嬉しいです。
     
29541713_2072968272985226_8427923037416520312_n.jpg

本来、草食動物である牛に牧草を沢山食べてもらうことで
飼料サプリメントや穀物を大幅に削減できる現場を見てもらえました。
    

大学や試験場、コンサルタントが発信している常識がどこまで常識なのか。
参加者から「勉強になったー!奇想天外だ!」と感想がありました。
ただ単に「自然を先生に」をテーマに経営改善しただけです。

29541562_2072968242985229_7574736418519100107_n.jpg
    

次は1番牧草収穫前の草地を見てみたいと
鈴木牧場の取り組みに興味津々でした。
    
29598018_2072968132985240_8483953774507758204_n.jpg

牛の笑顔が増えるいいことは
これからどんどん広めて共有していきたいと思います。



最後に動画の紹介です。

5年前の鈴木牧場の自慢をします。
https://www.youtube.com/watch?v=vyUwbh1TCPs
牛の健康を考えて、生産性向上を願って

生菌剤 
脂肪酸カルシウム 
タンカル 
重曹
カビ毒吸着剤 
リンカル 
強肝剤
アミノ酸 
酵母 
ビタミンE

など、10種類以上の飼料添加剤(サプリメント)を
牛に与えていました。
年間、新車1台分以上の経費をかけていました。
人間でいうヨーグルト、ヤクルト、サプリ、青汁です。
    

しかし、現在は
これらの添加剤は1つも使ってません。
総合ビタミン剤とマグネシウムを1頭当たり20g与えているくらいです。
それも今年の夏にはやめるつもりです。

     

重要なのは健康な大地に生えた牧草です。
その牧草には添加剤以上の
天然のビタミン、ミネラル、酵素、抗酸化物質などが
牛のお腹で一番吸収されやすい形で含まれています。
    

こういう時代だからこそ
使うのは簡単な飼料添加剤よりも
堆肥、土、草づくりに精を出してみてはいかがでしょうか。
きっと、いや、必ず牛が応えてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=vyUwbh1TCPs





◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【酪農経営が変わる】
活性誘導水を使った酪農の目指すところ

牛の頭数をどんどん減らしながら
牛も人も経営もハッピーになる
酪農経営を実践しています。




2016年10月19日に鈴木牧場で開催された
勉強会の様子が動画になりました。
   
200%輝いた楽しい酪農に向かって
驚きの牧場経営の秘密をご覧ください!






スポンサーサイト

やっぱり、どこまでいっても人なんだ

先日は十勝酪農フォーラム2018に
パネリストとして登壇させていただきました。
また、たくさんの友人が応援に掛けつけてくれてとても嬉しかったです。

会場へ向かう道中で大樹町のセブンイレブンでアイスクリームを購入

29512695_2069810589967661_6712675683375513600_n.jpg

なぜかというと前日は
キングコング西野亮廣さん×実業家堀江貴文さん
の講演会in大樹に参加して
堀江さんの話で自分の生き方を変える練習として
例えば、朝セブンイレブンでアイスクリームを買って食べてみる。

29496824_2069810546634332_2304721163755978752_n.jpg

普段やらないことをやって
「新しいことをやる」ことが必要と彼は言ってました。
    

私は行動を変えたい。生き方を変えたいので
アイスクリームを買って普段やらないことを実践しました。
    
29495914_2069810519967668_5176123615376048128_n.jpg
(堀江貴文さんはお隣の大樹町でロケット開発を進める
インターステラテクノロジズの創業者)



本題に戻りますが、
パネリストとして発表して感じたことは
どんなに時代が進んで新しい酪農の知識や技術、
機械、施設、インターネットが普及しても

乾乳管理
分娩前後の疾病対策
哺育管理
乳房炎、蹄病
良質粗飼料生産

が永遠のテーマで
多くの方が悩んでいて困っているという現実でした。
    
29512564_2070470796568307_2292860309811379112_n.jpg

私が取り組んでいる牛の健康と多くの人が求めている
健康の概念がちょっと違ってたと感じましたが、
牛の疾病が多発して獣医さんにお世話になりっぱなしだった
鈴木牧場が今ではほとんどお世話にならなくなり
牛がイキイキとしている状態までの取り組みが
少しでもお役にたてたかなと願っています。
   
29511599_2070470816568305_386253566918354559_n.jpg

実際のところ、
参加者よりも私の方が多くのことに気付かされ勉強になりました。
やっぱりこういうのは牧場にこもってないで
実際一歩踏み出してやってみると
沢山のことが吸収できて今後の取り組みの糧になりました。
    

どこまでいっても
最終的に人の目や耳、鼻、口、手、カン
そして考える力、思い描く力が
牛を良くして社会をよくするんだなと、再確認できました。
   
29513251_2070470859901634_1026697275822208938_n.jpg

企画、準備等していただいた主催の十勝農協連、
十勝農業共済組合のみなさまに深く感謝申し上げます。
貴重な経験をさせていただきありがとうございました。





◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【酪農経営が変わる】
活性誘導水を使った酪農の目指すところ

牛の頭数をどんどん減らしながら
牛も人も経営もハッピーになる
酪農経営を実践しています。




2016年10月19日に鈴木牧場で開催された
勉強会の様子が動画になりました。
   
200%輝いた楽しい酪農に向かって
驚きの牧場経営の秘密をご覧ください!





オーシャンミネラル


一般的に酪農家さんは
牛に塩分・ミネラルとして鉱塩を与えていますが、
99%以上が塩化ナトリウムだと思います。

ちょっと試しに、海の近くに住んでいるという
強みを活かして海水を牛に与えてみました。

    


そしたらビックリ!!

鉱塩もあるにも関わらず、この群がり様。
    
家庭でも料理に食塩を使うよりも
自然海塩を使った方が味に深みがでて
美味しくなるのと同じでしょうか。
   
海水には少なくとも90種類以上もの
ミネラルを含んでいるようで
ミネラルの研究は遅れて
まだよくわかっていない分野のようです。
   
しかし、今回わかったことは、
体に必要なミネラルは海水にすべて含まれて、
牛やそれらの胃腸に住んでいる微生物が
自然のミネラルが一番体に合っているし、
要求していることを目の当たりにしました。
   
第6感がビンビンと刺激され、
学校では習わないことを感じ取れた瞬間でした。
   
将来、海水から海塩を作って
妊娠末期の牛にだけでも与えられるような
仕組みを作っていきたい。





◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【酪農経営が変わる】
活性誘導水を使った酪農の目指すところ

牛の頭数をどんどん減らしながら
牛も人も経営もハッピーになる
酪農経営を実践しています。




2016年10月19日に鈴木牧場で開催された
勉強会の様子が動画になりました。
   
200%輝いた楽しい酪農に向かって
驚きの牧場経営の秘密をご覧ください!






堆肥は資源

先日は帯広で奇跡のリンゴで有名な木村秋則さんの講演会があり、
牛の搾乳を休ませてもらって参加してきました。
   

木村さんは
どんな女優や経営者、スポーツ選手よりも
一度お会いしてそのエネルギーに触れたかった人物です。

28951252_2063256040623116_5747688242400985088_n.jpg
    

講演会後の質問で堆肥のことについて質問をして、
そのあと直接話をすることができました。

「堆肥は資源だよ。硝酸態窒素の少ない完熟堆肥を作って
畑に還元したらいいよ。君ならできる。頑張ってな。」


と、アドバイスをいただき、
おそらく日本の首相に会うよりも嬉しい夢の瞬間でした。
   

私は彼の意思を引き継ぎ、
畑に化学肥料、農薬、除草剤を散布しない
そして
牛に輸入穀物を与えないで
安全でおいしい牛乳を生産しようと心に決めました。
(牛が健康になると自然と生産性が上がり、
牛、人、経営、社会がハッピーになる)

28951353_2063256087289778_938459034304905216_n.jpg
   

このように酪農家、畑作農家が変われば
食の大生産地十勝の小麦、豆、芋、牛乳、肉が変わり
日本の醤油、みそ、豆腐、納豆、乳製品、肉料理が変わると
講演会で話がありました。
   
28872412_2063256140623106_6827955393033928704_n.jpg

微力ではありますが、
同じ志の持った仲間を増やして
我が道を突き進もうと感じたし、
今日からできることをすでに実行しました。
   

素敵な出会いも沢山あって
とっても有意義な時間でした。





◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【酪農経営が変わる】
活性誘導水を使った酪農の目指すところ

牛の頭数をどんどん減らしながら
牛も人も経営もハッピーになる
酪農経営を実践しています。




2016年10月19日に鈴木牧場で開催された
勉強会の様子が動画になりました。
   
200%輝いた楽しい酪農に向かって
驚きの牧場経営の秘密をご覧ください!






プロフィール

suzukidairyfarm

Author:suzukidairyfarm
私の経験・個性・才能を活かし、安全で美味しい持続可能な農畜産物を生産するために土・草・牛づくりの循環農法に力を注いでいます。
牛を健康に飼い鈴木牧場の経営の成長をブログで発信します。
質問等あればお気軽にメールください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス数
このブログ内の画像
ブログ内の画像を表示しています。 クリックすると、その画像の記事が読めます。
Powered by 複眼RSS
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR